【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド

MENU
【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるための基礎知識 » 主な工法と特徴

主な工法と特徴

このページは、注文住宅を建てる際の工法の種類について紹介しています。これから家を建てようと思っている人は参考にしてみてください。

工法は大きく分けて4つ

住宅の工法は、大きく分けると、RC造、プレハブ工法、ツーバイフォー工法、木造の4つに分けることができます。それぞれの特徴について見ていきましょう。

RC造

RC造とは、鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)住宅の略。コンクリートの住宅で、柱や梁といった主要構造部には鉄筋が仕様されているのが特徴です。この工法は、マンションやビルといった建物によく見られる構造ですが、最近では一般住宅でも多く見られます。

メリット

デメリット

プレハブ工法

この工法は、構造体や床、壁、窓といった建物の部分を事前に工場で作り、それらを現場に持ち込んで組み立てる建築方法のことを言います。

メリット

デメリット

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法(2×4工法)とは元々、アメリカを中心に普及した工法。2インチ×4インチという角材のサイズを基準に、2×6、2×8など複数の種類の大きさを組み合わせて住宅を造っていきます。結合は、主に釘と金物を用いるため、比較的、大工のような経験や技術を必要としなくても建てられるのが特徴です。

メリット

デメリット

木造

木造住宅は、国内の住宅の中でも過半数を占める日本人には馴染みのある構造。化学物質に敏感な人や、家族の中に体が弱い人がいる場合に最適な工法だと言えます。

メリット

デメリット

「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選