【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド

MENU
【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるための基礎知識 » ZEH住宅(ゼロ・エネルギーハウス)とは

ZEH住宅(ゼロ・エネルギーハウス)とは

近年、住宅業界で話題となっているZEH(ゼッチ)住宅。注文住宅を建てようと思っている人は、一度は耳にしたことがあるかも知れません。とはいうものの、詳しいことは分からいという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ZEH住宅について分かりやすく解説していきます。興味がある人は参考にしてみてください。

ZEH住宅とはどんな住宅?

ZEH住宅とは、高断熱や消費電量が低い電力設備などによりエネルギー消費量を抑え、太陽光発電によってエネルギーを創り、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のこと。分かりやすく言い換えると、魔法瓶のような保温効果があり、給湯器などの設備が高性能で省エネになっていて、太陽光パネルなどで自家発電を行い、電気の自給自足ができる家ということになります。

ZEH住宅の基準を満たすための3つの項目

では、ZEH住宅の基準をクリアするためにはどうすればよいでしょうか?そのためのキーワードは、断熱、省エネ、創エネの3つです。具体的にはどのようなことか確認していきます。

断熱

1つめの条件は、「基準値以上に断熱性能が高い、隙間が無い(気密性の高い)住宅にする」ということ。分かりやすくいうと、定まった基準値以上に「冬温かくて、夏涼しい住宅」にする、断熱性能の高い住宅であることを指します。具体的には、性能の高い断熱材を使って、住宅に隙間がないように工事することで、例えば窓の場合、2重、3重の窓ガラスや樹脂サッシなどを使用することで基準をクリアすることなどが挙げられます。ただし、断熱性能を気にするあまり、窓を小さくしたり、窓そのものの数を減らすことは断熱性能以外の部分でデメリットが発生することが考えられるので、注意が必要です。

省エネ

2番目は、省エネ。照明、換気、給湯、エアコンなどで高効率・高性能な省エネの設備を導入することが求められています。基本的には、上記の4設備で基準をクリアすればOK。では、それぞれの設備ごとに見ていきましょう。

照明

照明は、LEDにすれば特に問題ありません。最近では、ほとんどの工務店やハウスメーカーでLED照明が標準装備となっているのが現状。普及の増加に伴い、価格も下がってきているので、ZEH住宅でなくてもLED照明となっていることがほとんどです。

換気

換気のZEH基準は、「熱交換型換気設備は温度(顕熱)交換効率65%以上」と「熱交換型換気設備以外の換気設備は比消費電力が0.4W/(㎥/h)以下」の2つがあり、このどちらかの要件を満たせばよいことになっています。換気システムの中でも熱交換器機能がついているものは、熱交換率は65%を超えているので、熱交換の機能がついた換気システムであれば問題ありません。

給湯

ZEH住宅で必須となるのが、エコキュート、エコジョーズ、エネフォームといった電気やガスの高効率の給湯器。こちらもほとんどの工務店やハウスメーカーで基本設計になっているので、特に気にする必要はないかも知れません。

エアコン

4番目のエアコンなどの冷暖房設備は、一定以上の省エネルギー能力を持ったエアコンを導入する必要があるため、注意が必要です。冷暖房パワーや消費電量などの数値を元に計算して「定格冷房エネルギー消費効率」を算出。この数値が一定値以上であればクリアということになります。しかし、私たち素人がこれらの数値を計算する必要はなく、家電量販店でZEH住宅の基準をクリアしたものを探しているといえば、問題ないでしょう。

創エネ

最後の創エネとは、一次消費エネルギーを100%補える量の太陽光パネルを載せることを指します。どの程度の設備を導入しなければならないのかは、住宅の性能や導入した設備によって異なりますが、見込み計算したエネルギーを100%補えるものであればよいのです。

注意しなければならないのは、太陽光パネルを設置することによって、間取りの自由度が下がってしまったり、住宅建設にかかるコストがかかってしまうこと。このことに気を付けるようにしましょう。

ZEH住宅のメリット

ZEH住宅にするメリットとして真っ先に挙げられるのは、補助金がもらえるということ。2019年現在、ZEH住宅を建てると1戸あたり70万円の補助金がもらえます。もちろん、その基準を満たすための設備投資が必要で、最も大きな負担となる太陽光パネルの費用相場は200~300万円ほどかかると言われています。しかし、これらの設備を導入することで光熱費が抑制され、初期費用を回収することができ、その後は収支がプラスになることが考えられます。

「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選