【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド

MENU
【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド » 大和市でおすすめの注文住宅会社 » 地価・坪単価

地価・坪単価

大和市は神奈川県のちょうど中央に位置しているエリアです。神奈川県の政令都市である横浜や相模原、東京都の町田などに隣接し、2020年6月の時点では人口23万9千164人を数えます。

面積自体は27.09㎡とけして大きい方ではありませんが、都心への交通アクセスに優れているのが魅力です。また、都心40km県内に3つの鉄道が東西南北に敷かれています。横浜には20分程度、東京へも1時間程度という距離です。自動車も国道をはじめ、東京国道路横浜町田インターチェンジにも近いことが交通利便性の高さの理由となっています。その魅力を感じ、大和市に移り住みたい、家を建てたいと検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合、施工費用も考えなければなりませんが、同時に土地価格については無視できません。将来を考えた上での資産価値という点においても、考えなければならないポイントでしょう。ここでは、大和市の土地評価額や、変動率についてご紹介します。

エリア別に紹介!大和市の最新地価と坪単価

2020年(令和2年)の公示地価を見ると平均20万5151円/㎡となっています。坪単価は67万8186円/坪です。全国地価ランキングに照らし合わせると大和市は75位/市町村で、変動率ランキングは、219位/市町村です。変動率を見るとプラス0.90%で上昇しています。

大和市の地価ランキングでは、前年比と比べて大和市の地価は増加傾向にあります。ただ、エリアで見るとつきみ野は変動率マイナス0.25%、高座渋谷がマイナス0.17%です。

つきみ野の場合、神奈川県大和市つきみ野4丁目4番8と、神奈川県大和市つきみ野1丁目10番31の変動率に変化はありませんでしたが、神奈川県大和市つきみ野8丁目10番30が最も地価の低い地点でマイナス0.50%です。高座渋谷では、大和市福田字乙八ノ区3993番13外の地価が地価13万8000 円/㎡で坪単価45万6198 円/坪で変動率がマイナス0.72%、大和市福田字甲五ノ区1325番2が、地価13万5000 円/㎡で、坪単価44万6280 円/坪でマイナス0.74%です。どちらも木造の住宅地となっています。

大和市の地価・坪単価ベスト20【2020年度版】

大和東1-3-15 地価62万0000円/m2坪単価204万9586円
中央林間4-5-15 地価33万9000円/m2坪単価112万0661円
南林間1-8-2 地価31万2000円/m2坪単価103万1404円
中央1-3-20 地価30万4000円/m2坪単価100万4958円
中央林間3-15-20 地価30万0000円/m2坪単価99万1735円
西鶴間1-2-9 地価28万3000円/m2坪単価93万5537円
中央林間2-11-2 地価27万2000円/m2坪単価89万9173円
中央林間6-9-9 地価26万0000円/m2 坪単価85万9504円
大和東2-8-12 地価25万9000円/m2坪単価85万6198円
つきみ野4丁目4番8 地価24万1000円/m2坪単価79万6694円
南林間2-18-3 地価22万7000円/m2坪単価75万0413円
福田2丁目14番3 地価22万2000円/m2坪単価73万3884円
深見台4-3-5 地価21万1000円/m2坪単価69万7520円
つきみ野1丁目10番31 地価21万0000円/m2坪単価69万4214円
中央林間西4-3-5 地価20万7000円/m2坪単価68万4297円
中央2-12-13 地価20万5000円/m2坪単価67万7685円
深見台2-5-3 地価20万4000円/m2坪単価67万4380円
林間1-18-10 地価20万3000円/m2坪単価67万1074円
つきみ野8丁目10番30 地価20万1000円/m2坪単価66万4462円
中央7-7-21 地価19万7000円/m2坪単価65万1239円

大和市で注文住宅をお考えなら
信頼できる注文住宅会社3選を見る

大和市の土地価格の総評

2020年大和市で一番高いエリア地価公示価格は大和駅となり、地価平均26万2714円/㎡、坪単価平均は86万8476円/坪となっています。一方一番安いのは高座渋谷で、地価平均14万6000円/㎡、坪単価は48万2644円/坪です。土地評価額を見ると、大和東1-3-15で、大和駅より0mの場所。地価は62万0000 円/㎡で、坪単価だと204万9586 円/坪となり用途は商業地です。

一方一番安いのは、49位の上草柳6-6-6。相模大塚駅より1,300mの場所で、地価は11万1000 円/㎡、坪単価は36万6942 円/坪で、用途は工業地となっており、事務所や工場が多いエリアです。大和市では、大和駅周辺の街づくり計画を掲げています。昭和60年から都市基盤の整備が進行しており、大和駅周辺地区で、にぎわいのある中心市街地となる都市機能の配置を目指しています。

すでにある商店街やプロムナードを活かすことを前提とした街づくりに取り組んでいるのです。また、大和駅東側第4地区市街地再開発事業により、平成28年には文化創造拠点シリウスがオープンしました。このような取り組みで大和駅周辺が活性化し、魅力的な中心市街地となってにぎわえば、ますます地価が高くなる可能性が考えられます。

また、二番目に地価平均と坪単価平均が高いのは、中央林間です。公示地価平均25万3750円/㎡で坪単価は83万8842円/坪となっており、変動率は3.23%上昇しました。この理由ですが、一説によるとドレッセ中央林間というマンションが建てられた影響があるのではないかと考えられています。ウエスト街区452戸イースト街区452で合計857戸という大規模マンションです。中央林間駅から徒歩5分内にあり、生活利便性が非常に高いマンションとなっています。つまり多くの人が住みたいと思える物件なのです。

あくまで要因のひとつではありますが、数千人住めるマンションのため引っ越しをしてくる可能性は高いでしょう。結果、大和市の人口が増えます。周辺の地価に影響を与えても不思議ではありません。このように、さまざまな要素が、大和市の地価に好影響を与えているのです。

大和市の土地評価額の動向

神奈川県大和市の2020年(令和2年)の公示地価の平均は、20万5151円/㎡、坪単価は67万8186円/坪、変動率はプラス0.90で上昇しました。変動率で見ると、全国の市町村で見た場合、219位です。過去から見ると、大和市で一番公示地価平均が高かったのは1988年(昭和63年)の45万7000円/㎡、坪単価平均151万0743円/坪でした。前年比で見ると、プラス105.16%もアップしています。1988年頃はバブル景気で地価の高騰が起きていた時期です。一般的にバブル景気は1986年12月~1991年2月までとされており、資産が高騰しました。その資産の中に不動産も含まれています。

大和市の場合、1988年がピークでしたが、以降、減少。特にバブルが弾けた1991年以降の公示地価、基準地価の総平均を見ると地価平均、坪単価平均も一気に下落傾向となっています。この下落傾向は2012年まで続きましたが、2013年から少し上昇傾向に入っています。2012年の地価平均は20万0378円/㎡、坪単価66万2407円/坪でしたが、2013年から地価平均20万1538円/㎡坪単価66万6242円/坪です。2019年には地価平均20万2250円㎡、坪単価66万8595円/坪となっています。

また、大和市のエリアによる地価ランキングを見ると、変動率が一番高くなったのが、 中央林間です。地価平均25万3750円/㎡、坪単価平均83万8842円/坪で、変動率はプラス3.23%上昇しました。

大和市における土地取引

大和市で土地取引を行うならまずは大和市の地価を調べたほうがよいでしょう。公示地価や基準地価や坪単価を知るだけでも大和市全体や、各エリアの土地の相場がつかめてきます。また、地価調査価格や路線価、不動産取引価格なども参考にするとよいでしょう。

大和市の土地の価値は、物件需要がどれぐらいあるのか、マーケット動向などの影響も受けて決定されています。また、全般においてすべて購入検討者が自分で調べるのはなかなかむずかしいものです。その場合、不動産業者や不動産鑑定士、司法書士や行政書士、土地家屋調査士、宅地建物取引主任者や、マンション管理士など、不動産の専門家にサポートしてもらって査定することをおすすめします。

2019年の大和市における第1四半期~第2四半期の平均土地取引価格は、18万6078円/m2、坪単価61万5136円/坪、前年比変動率マイナス2.08%でした。この上で、不動産業者を間に挟むなら、報酬費用もかかってきます。また、大和市の税務署で確定申告もしなければなりません。その点も忘れないようにしましょう。

「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選