【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド

MENU
【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるための基礎知識 » 耐震住宅

公開日: |最終更新日時:

耐震住宅

理想の注文住宅を建てるために、耐震住宅の特徴も知っておきましょう。建築基準法の耐震構造の基準や住宅性能表示制度における耐震等級によって、住宅の耐震性を見極めることができます。耐震住宅のメリットやデメリットも参考にしてください。

耐震住宅の特徴

地震の揺れに強いことが、耐震住宅の特徴として挙げられます。「中小規模地震では軽微な損傷、大地震でも倒壊を防ぐことができる」ことが、建築基準法で定められた耐震住宅の基準です。壁や柱などの構造躯体を強化したり補強材を入れたりすることで、住宅自体を強固にして揺れに耐えられるよう設計・施工します。

耐震住宅のメリット

地震対策にかかる費用を低減できることが、耐震住宅のメリットの一つです。耐震住宅は建築基準法に基づいて地震の揺れに備えているため、別途地震対策を追加する必要はありません。地震のエネルギーを吸収するような制震住宅や免震住宅と比べても、建設費用を低減することができます。

耐震住宅のデメリット

耐震住宅のデメリットは、住宅が地震の揺れに耐えるときに、住宅が損傷してしまう可能性があることです。地震の揺れを吸収するような制震住宅や免震住宅と異なり、耐震住宅では地震の揺れが直接建物に伝わるため、ヒビが入ったり劣化が早まったりなどのダメージを受けてしまうことがあります。

また、地震の揺れを直接建物に伝えない免震住宅であれば家具の転倒をいくらか防げますが、耐震住宅では防ぐことができません。家具転倒だけでなく、ケガや火災などが発生することも考えられます。

耐震等級とは

耐震等級とは、住宅性能表示制度における住宅の耐震性能を示す指標です。住宅性能表示制度は、住宅の性能を分かりやすく表示するために品確法によって定められました。指標の一つである耐震等級は、地震に対する構造躯体の強さを表します。数字が大きくなるほど、より耐震性が高いことを意味します。

耐震等級1

耐震等級1は、数百年に一度程度の極めてまれに発生する地震による力に対して、崩壊しない程度の耐震性です。建築基準法の基準を満たす建物はすべて、耐震等級1に該当します。

耐震等級2

耐震等級2は、数百年に一度程度の極めてまれに発生する地震による力の1.25倍の力に対して、崩壊しない程度の耐震性です。耐震等級2では、耐震等級1の適合基準に加えて、建物の接合部や床・基礎・梁の強さもチェックされます。

耐震等級3

耐震等級3は、数百年に一度程度の極めてまれに発生する地震による力の1.5倍の力に対し、崩壊しない程度の耐震性を表します。耐震等級3は、住宅性能表示制度において最も高い等級です。

耐震等級2・3は任意の基準

建築基準法の基準を満たしているかは耐震等級1で判断できるため、チェックが義務付けられているのは耐震等級1のみです。つまり、耐震等級2と3は任意の基準になっています。耐震等級2や3に該当する注文住宅を建てたい方は、工務店やハウスメーカーとの打ち合わせのタイミングで、「耐震等級2で建てたい」などと明確に希望を伝えるようにしましょう。

厚木・海老名・綾瀬・座間で家を建てるなら
神奈川県央のおすすめ注文住宅会社

好きなお部屋を好きな広さで。
自由度の高い設計が可能
マイトレジャー
マイトレジャー
引用元:マイトレジャー公式サイト
(http://www.mytre.jp/works/works008/index.html)

デザインや機能性に優れた夢の住まいを実現してくれる、神奈川エリアでもトップクラスの施行実績を持つ地域密着型の注文住宅業者。高い技術力による安全性の高い住まいづくりを実現しており、長年に渡り多くの人たちから信頼されています。超耐震パネルであるコーチパネルを採用することで、耐震と同時に高断熱・高気密を実現しています。

公式サイトで施工事例を見る

耐震等級3と制震装置で
住まいを守る
レイクラフト
レイクラフト
引用元:レイクラフト公式サイト(https://kato-koumuten.com/gallery/洗練された大人空間|小田原市/)

レイクラフトは「耐震等級3」が標準。さらに揺れから家を守るために、耐震装置(3M社の耐震ダンパー)を採用することで建物の揺れと損傷を軽減。以上のことから、高い制振性を持つ住まいを提供することができます。さらに、同社では日本の風土に合ったヒノキを構造材として採用。より高い耐久性・保存性を実現し、長く快適に過ごせる住まいを実現しています。

公式サイトで施工事例を見る

年間1万棟以上※を手がける
圧倒的な実績
積水ハウス
積水ハウス
引用元:積水ハウス公式サイト(https://www.sekisuihouse.co.jp/kodate/works/detail/0281/)

積水ハウスでは、独自で開発した制振構造「シーカス」により、安心の暮らしを提供しています。これは、フレームに組み込んだオリジナルのダンパーが地震のエネルギーを熱エネルギーに変換。熱エネルギーを放出することにより、揺れによる被害を軽減できるシステムです。実験を繰り返すことにより、地震の揺れをしっかりと軽減し、大切な住まいを守ります。
※2021年5月時点

公式サイトで施工事例を見る

「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選