【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド

MENU
【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるための基礎知識 » 主な工法と特徴

公開日: |最終更新日時:

主な工法と特徴

このページは、注文住宅を建てる際の工法の種類について紹介しています。これから家を建てようと思っている人は参考にしてみてください。

工法は大きく分けて4つ

住宅の工法は、大きく分けると、RC造、プレハブ工法、ツーバイフォー工法、木造の4つに分けることができます。それぞれの特徴について見ていきましょう。

RC造

RC造とは、鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)住宅の略。コンクリートの住宅で、柱や梁といった主要構造部には鉄筋が仕様されているのが特徴です。この工法は、マンションやビルといった建物によく見られる構造ですが、最近では一般住宅でも多く見られます。

メリット

デメリット

プレハブ工法

この工法は、構造体や床、壁、窓といった建物の部分を事前に工場で作り、それらを現場に持ち込んで組み立てる建築方法のことを言います。

メリット

デメリット

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法(2×4工法)とは元々、アメリカを中心に普及した工法。2インチ×4インチという角材のサイズを基準に、2×6、2×8など複数の種類の大きさを組み合わせて住宅を造っていきます。結合は、主に釘と金物を用いるため、比較的、大工のような経験や技術を必要としなくても建てられるのが特徴です。

メリット

デメリット

木造

木造住宅は、国内の住宅の中でも過半数を占める日本人には馴染みのある構造。化学物質に敏感な人や、家族の中に体が弱い人がいる場合に最適な工法だと言えます。

メリット

デメリット

厚木・海老名・綾瀬・座間で家を建てるなら
神奈川県央のおすすめ注文住宅会社

好きなお部屋を好きな広さで。
自由度の高い設計が可能
マイトレジャー
マイトレジャー
引用元:マイトレジャー公式サイト
(http://www.mytre.jp/works/works008/index.html)

デザインや機能性に優れた夢の住まいを実現してくれる、神奈川エリアでもトップクラスの施行実績を持つ地域密着型の注文住宅業者。高い技術力による安全性の高い住まいづくりを実現しており、長年に渡り多くの人たちから信頼されています。

公式サイトで施工事例を見る

耐震等級3と制震装置で
住まいを守る
レイクラフト
レイクラフト
引用元:レイクラフト公式サイト(https://kato-koumuten.com/gallery/洗練された大人空間|小田原市/)

レイクラフトは「耐震等級3」が標準。さらに揺れから家を守るために、耐震装置(3M社の耐震ダンパー)を採用することで建物の揺れと損傷を軽減。以上のことから、高い制振性を持つ住まいを提供することができます。さらに、同社では日本の風土に合ったヒノキを構造材として採用。より高い耐久性・保存性を実現し、長く快適に過ごせる住まいを実現しています。

公式サイトで施工事例を見る

年間1万棟以上※を手がける
圧倒的な実績
積水ハウス
積水ハウス
引用元:積水ハウス公式サイト(https://www.sekisuihouse.co.jp/kodate/works/detail/0281/)

積水ハウスでは、独自で開発した制振構造「シーカス」により、安心の暮らしを提供しています。これは、フレームに組み込んだオリジナルのダンパーが地震のエネルギーを熱エネルギーに変換。熱エネルギーを放出することにより、揺れによる被害を軽減できるシステムです。実験を繰り返すことにより、地震の揺れをしっかりと軽減し、大切な住まいを守ります。
※2021年5月時点

公式サイトで施工事例を見る

「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選