【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド

MENU
【厚木・海老名・綾瀬・座間 他】神奈川県央エリアで建てる理想の注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるための基礎知識 » フルオーダー・セミオーダー・規格住宅の違い

公開日: |最終更新日時:

フルオーダー・セミオーダー・規格住宅の違い

注文住宅の種類は主に、「フルオーダー住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」の3つです。それぞれの特徴やメリット・デメリット、どんな方におすすめしたいかについて解説します。

フルオーダーの住宅

フルオーダーの住宅を建てる場合、住宅を建設するために必要なすべてのことを自分で決めていきます。土地や間取り、建材、設備、外装、内装など、あらゆる要素に自分の希望を反映させることが可能です。

フルオーダー住宅のメリット

自由に設計できる

フルオーダー住宅のメリットの一つは、すべての要素に関して自由に設計できることです。自分の生活スタイルや将来的な家族設計を踏まえて、住宅の立地も好きな場所を選べます。建築基準法の基準は守らなければなりませんが、狭い土地や変形的な土地でも住宅を建てられるかもしれません。間取りやデザインはもちろん、耐震性や断熱性といった住宅の性能を高めるような建材や設備を選ぶこともできます。

予算を柔軟に振り分けられる

フルオーダー住宅の設計はすべてが自由なので、自分が建てる住宅のどこに優先して予算を振り分けるのかも自由に決められます。ご家族の人数や生活スタイルに合わせた間取り、趣味を行うための空間、好みのデザインや機能など、ニーズに合わせて予算を調整することが可能です。

フルオーダー住宅のデメリット

手間がかかる

フルオーダー住宅の一番のデメリットは、手間がかかることです。手間には、お金も時間も含まれます。打ち合わせ回数が増えたり建材や設備を個別に仕入れたりすると、住宅価格は高くなるでしょう。工務店やハウスメーカーとの打ち合わせや家族との話し合いにも時間がかかります。

イメージがわきにくい

フルオーダー住宅は、まっさらな状態から設計していくので住宅が完成したときのイメージがわきにくいこともデメリットの一つです。設計図やパース、カタログなどの資料から、想像力を働かせてさまざまなことを決断していかなくてはなりません。

入居までに時間がかかる

フルオーダー住宅を建てるのには時間がかかるので、必然的に入居までにも時間がかかってしまいます。施工ミスなどのトラブルが発生することも考えられますので、余裕を持ってスケジュールを組む必要があるでしょう。

フルオーダーの家はこんな人におすすめ

フルオーダーの家は、注文住宅のすべての要素を自分で決めたい人におすすめです。土地や間取り、デザイン、機能、外装、内装など細部にまでこだわりたい人は、フルオーダー住宅を選びましょう。こだわりを叶えるための予算と時間を確保できる人にも向いています。

セミオーダーの住宅

セミオーダーの住宅を建てる場合は、工務店やハウスメーカーなどから提示されるプランから選んで決めていきます。建材や設備のメーカーは、事前に決められていることが一般的です。基本となる間取りに合わせて、デザインや外装、内装などを変更していきます。

セミオーダー住宅のメリット

比較的安く建てられる

セミオーダー住宅のメリットには、フルオーダー住宅よりも安く建てられることが挙げられます。住宅を建てるエリアにもよりますが、すべてを一から決めるフルオーダーに比べ、セミオーダーはあらかじめ用意されたプランから選択していくので、住宅一つひとつの価格が低めに設定されています。

入居までに要する時間が比較的短い

セミオーダー住宅は、すべての要素を自分で決める必要がないので、工務店やハウスメーカーとの打ち合わせや家族との話し合いに長い時間をかけずに建てることが可能です。一般的なフルオーダー住宅の建設期間が8ヶ月〜1年である一方、セミオーダー住宅の建設期間は4ヶ月〜6ヶ月となっています。

セミオーダー住宅のデメリット

自由度が低い

セミオーダー住宅は、フルオーダー住宅に比べると自由度が低い点がデメリットです。基本的には提示されたプランから選んでいくので、細部へのこだわりや希望を叶えることはできなくなってしまいます。

スケジュール管理はしっかり行う必要がある

セミオーダー住宅はプランが用意されているとはいっても、設計の変更やオプションの追加ができることもあります。選びきれずに迷ってしまったり途中で変更してしまうとスケジュールが崩れてしまうので、セミオーダー住宅であってもスケジュール管理はしっかり行う必要があるでしょう。

セミオーダーの家が向いている人

セミオーダーの家が向いているのは、注文住宅に対して希望は持っていても、それほどこだわってはいない人です。すべての要素を自由に決めるほど、お金や時間をかけたくない人もセミオーダー住宅を選ぶとよいでしょう。

規格住宅

規格住宅を建てる場合は、セミオーダー住宅と同じように、工務店やハウスメーカーなどから提示されるプランから選んで建てていきます。しかしセミオーダー住宅と比べ、デザインや設備などの選択肢が用意されていません。

規格住宅のメリット

安い価格で注文住宅が手に入る

規格住宅のメリットは、何といっても安い価格で注文住宅が手に入ることです。住宅を建てるエリアにもよりますが、安い理由は自由度の低さが関係しており、品質が悪いわけではないのでご安心ください。

イメージがわきやすい

規格があらかじめ設定されているので、住宅が完成したときのイメージがわきやすいです。実際の規格住宅を見に行ったりモデルハウスを見学したりすると、イメージと入居したときのギャップをより小さくできるでしょう。

入居までに時間がかからない

注文住宅の中で一番入居までに時間がかからないこともメリットの一つ。一般的なセミオーダー住宅の建設期間が4ヶ月~6ヶ月なのに対し、規格住宅の建設期間は3ヶ月~4ヶ月です。打ち合わせや話し合いにもそれほど時間をかけずにすみます。

規格住宅のデメリット

自由に設計できない

規格住宅は、自由に設計することができないので、オリジナルの家に住むことはできません。セミオーダーよりもデザインや設備の選択肢も少ないので、標準的な注文住宅の仕上がりとなります。

万人向けのデザインになる

規格住宅は多くの人に選ばれるようなデザインで設定されているので、万人向けの注文住宅を購入することになります。こだわりや個性を反映させることはできません。

規格住宅が向いている人

規格住宅の家が向いているのは、こだわりが強くなく、注文住宅を安く建てたい人や時間をかけたくない人です。自分で決めていくよりも設計士が設計したプランから選んでいきたい人にも規格住宅をおすすめします。

まとめ:自分の理想に合ったタイプをチョイスしよう!

注文住宅は自由に設計できればよいというのではなく、種類の特徴によって向いている人、向いていない人がいます。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自分の理想に合ったタイプをチョイスしましょう!

厚木・海老名・綾瀬・座間で家を建てるなら
神奈川県央のおすすめ注文住宅会社

好きなお部屋を好きな広さで。
自由度の高い設計が可能
マイトレジャー
マイトレジャー
引用元:マイトレジャー公式サイト
(http://www.mytre.jp/works/works008/index.html)

デザインや機能性に優れた夢の住まいを実現してくれる、神奈川エリアでもトップクラスの施行実績を持つ地域密着型の注文住宅業者。高い技術力による安全性の高い住まいづくりを実現しており、長年に渡り多くの人たちから信頼されています。超耐震パネルであるコーチパネルを採用することで、耐震と同時に高断熱・高気密を実現しています。

公式サイトで施工事例を見る

耐震等級3と制震装置で
住まいを守る
レイクラフト
レイクラフト
引用元:レイクラフト公式サイト(https://kato-koumuten.com/gallery/洗練された大人空間|小田原市/)

レイクラフトは「耐震等級3」が標準。さらに揺れから家を守るために、耐震装置(3M社の耐震ダンパー)を採用することで建物の揺れと損傷を軽減。以上のことから、高い制振性を持つ住まいを提供することができます。さらに、同社では日本の風土に合ったヒノキを構造材として採用。より高い耐久性・保存性を実現し、長く快適に過ごせる住まいを実現しています。

公式サイトで施工事例を見る

年間1万棟以上※を手がける
圧倒的な実績
積水ハウス
積水ハウス
引用元:積水ハウス公式サイト(https://www.sekisuihouse.co.jp/kodate/works/detail/0281/)

積水ハウスでは、独自で開発した制振構造「シーカス」により、安心の暮らしを提供しています。これは、フレームに組み込んだオリジナルのダンパーが地震のエネルギーを熱エネルギーに変換。熱エネルギーを放出することにより、揺れによる被害を軽減できるシステムです。実験を繰り返すことにより、地震の揺れをしっかりと軽減し、大切な住まいを守ります。
※2021年5月時点

公式サイトで施工事例を見る

「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選「神奈川県央で理想の家を建てる」おすすめ注文住宅会社3選